第5文型(主語+動詞+目的語+補語 SVOC)の見分け方は?/ 動詞や補語が決め手?

第5文型(主語+動詞+目的語+補語 SVOC)の見分け方は

英文法で第5文型では、主語(S)動詞(V)目的語(O)補語(C)の順番になります。

いよいよ、文型最後のカタチになりますが、第5文型は、第3文型に補語(C)が加わった文型になり、動詞の違いと目的語と補語が文の構文を作っていきます。

また、第3文型の主語(S)動詞(V)目的語(O)に、同じ動詞(V)に見えても、補語が加わるだけで情景が加わります。

第5文型の 主語+動詞+目的語+補語 SVOCの見分け方は?

おさらいすると・・

第2文型では、補語(C)、「この木は高い」→「This tree (S)is(V)high(C). 」でしたね。
そして、(S)=(C)で、主語を様子や状態を伝えたり補っているのでしたね。
だから、不足しているカタチを補うから補語が入るのです。

 

さらに、第3文型の主語(S)動詞(V)目的語(O)↓↓↓

あなたが外国を訪問しました。→You (S)visited (V)a foreign country(O).

一方、目的語(O)は対象とする動詞の目的や対象とする目的語が必要でした。

それでは、早速

第5文型の例題から主語(S)動詞(V)目的語(O)補語(C)の見分け方を見ていきましょう。

彼女が私を金持ちにしました。→ She made me rich.

彼らが私を笑わせました。→ They made me laugh.

私があなたを怒らせた。→ I made you angry.

あなたを良太と呼びます。→ I call you Ryota.

私がそれをはっきりさせます。→ I will make it clear.

上記の文章の○○の部分の色だけでは、何を言っているのか分かりません。

以前、見ていた第2文型の補語ですね。その際は、主語を補っていました。

今回の第5文型の補語も同じように、何かを補わないと意味が通じません。

それが、目的語になります。目的語を説明する、情景を浮かび上がらせるために言葉(第5文型では目的語になります)を補うのですね。

ここから見えてくるものはありましたか?

She made me rich.

They made me laugh.

I made you angry.

I call you Ryota.

I will make it  clear.

そうですね。

me(O) = rich(C)

me (O) = laugh(C)

you(O) = angry(C)

it(O) = clear(C) となって

それぞれ左右が同じ意味的なものを持ち、目的語(O)を補っているのです。補うことで文章の意味が通じて、文章をさらに詳しく伝えることができるわけなのですね。

それで、

第3文型の主語(S)動詞(V)目的語(O)でもない、

第4文型の主語(S)動詞(V)目的語(O1)目的語(O2)は、O1=O2ではないので、第4文型でもないことが分かります。

そうやって、目的語(O)= 補語(C)が同一的な意味を持つので、見分けがつくようになります。

その意味では、補語(O)が登場する場面は、いつも動詞単体で文章で足りない部分、抜けると意味が通らない部分、未完成な部分を補う時にいつも登場するのが補語(C)となる重要な役割を持っていることになります。

最初のコメントをしよう

必須