英単語数を増やす!|英単語を増やすメリット・デメリットは?

英単語を増やす

英単語数を増やしていく!

は、とても大切なことです。

とても、一言では片づけられませんが

では、英単語を増やすメリットとディメリットは何があるかです。

 

まず先に『英単語を増やすディメリット』は何があるかです。

英単語を増やしていく最大のディメリットは、時間がかかることが最初にあげられます。

その英単語を覚える時間が最大の障壁とも言えますね。^^

そのディメリットを下記にあげていくと・・

  • 英単語力をつけるには、すぐに明日から効果がでるものではありません。
  • 英単語を増やしていくには、それだけ英単語を覚える時間が必要になってくる。
  • 趣味にしても実務にしても、その他の目的のために英単語を強化するには持続力も必要です。
  • 英単語力を強化するにも取り組み方で差が出てくる。
  • その増えた英単語は実際必要かどうか?資格取得、趣味、実用などに活かしていこうとするかしないか。

 

そして、反対に順不同で『英単語を増やすメリット』列挙してみると

  • 英語を楽しむことに近づけていける。
  • 現状では分からなかった、洋画が字幕なしに鑑賞する可能性・機会が増える。
  • 英語を勉強して資格をとる準備が整えられる。
  • これまで歯が立たなかった英字新聞、英語の雑誌の理解に役立つことが認識できはじめる。
  • 英会話に深みをつけることができてくる。
  • リスニングに変化が出てきたことに対して認識し始める。(リスニングは必要になります)

 

その他にも、人によって違いはあるものの

目的や趣味、実務などそれぞれの環境に応じてが英単語を増やしていきたいかどうかです。

いくら、英語を楽しみたいと言っても

英単語力が不足していると、その先の展開には限界も見えてきます。

 

中学や高校でこれまでの英単語を増やしてきた単語をベースにして楽しむこともできます。

また、体や手振り身振りで表現する、ボディランゲージで会話することももちろん可能です。

 

ここは、それでいいよ、と言う方もいるでしょうし

反対に、上記にあげたメリットがあるので

この先にある英語力をつけて進みたいという方もいらっしゃるでしよう。

 

そこは、人の考え方一つなのでいろいろあっていいでしょうか。

 

このサイトでは、英語を楽しむという観点から、英単語は増やしていくほうがメリットがあると考えています。

 

実は、これは英単語力をつけること、言い換えると、英単語のボキャブラリーを増やしていくのは

英単語の貯金をしていって楽しめるだけでなく、色々な相乗的な効果を感じることができるのがいいとも言えます。

 

その意味することは、どういうことなのか?ですね。

 

取り組み方によって、差はありますがその効果を、少しずつ体感することができるようになります。

英単語を増やしていく中で、人それぞれの目的に応じて、英単語の数を貯金していく場合、

計画的に英単語を増やしていくことから始めていきます。

 

すぐに、資格取得で必要であったり、受験や実務、趣味でのんびりやっていきたくないこともあるでしょう。

その場合は、その対策をとって、期間内で英単語を効率よく覚えていくことは必須になります。

楽しまずに、がめ暗記は効率が悪いのであまりお勧めしません。

 

いずれのカタチでも、今日やって、明日にできました・・

みたいな、一朝一夕の話ではないことはお伝えしておきます。笑

 

自身では、英検準1級、英検1級の英単語を増やす貯金

つまり、英単語数の増強、増やすことを始めていきました。

その中で、上記にあげたメリットが少しずつ副次的に感じられるようになったので列挙してみましたよ。

 

最初のコメントをしよう

必須