comeとgoを使う場面、comeとgoの使うイメージや違いは?

gocome、って、「行く」、「来る」の意味は、中学一年生、いまでは小学校で習います?

確かに、それぞれの意味そのものは、それで間違いありませんが

ただ、実際に英語の場面で使う場合となると話は変わってきます。

comeの使われるイメージ、どんな場面で使うと良い?

いきなりですが

例えば、親しい友人がいて
その人の家に行く場合では

明日、あなたの家に行きます
英語ではどう表現しますか?

I will go to your house tomorrow.

と、使いたいところですが

I will come to your house tomorrow.

となります。

なぜか?

それは、comeを使う場合

話す相手の主人公に向かって行く場合のイメージ、親しみのある所など行く時でも。

日本語では「行く」、英語で表現すると『go』のイメージですが

英語では、話をしに行くメインの相手がいれば

それはcome となります。

相手(話す相手の主人公のもとに伺う、近づく場合など、よく行くいきつけの店や、いつも通っている学校など、みんなそれぞれ人でなくても、ある意味、メインの相手・主人公的な人、場所などが相手であるイメージなど)

行くは、comeを使います。

と言うか、その「行く」と言う日本語は、訳ではいったん忘れてください。笑

ここは、日本語にとらわれると変な感じになるからです。

外国人になりきって使います。

ここがよく言われている、一時翻訳してしまう弊害でもあります。

つまり、日本語の「行く」を使いたくなるわけですね。

I’m comimg.「今行くよー」と、英語、日本語はそれぞれそのとおりになりますが

つまり相手のもとに向かっているよー

これから近づいていくよ、みたいな時などのイメージで使います。

つまり日本語に惑わされないことが大切です。

日本語の世界、英語の世界観はそれぞれ違うというところを押さえておいてくださいね。

goの使われるイメージ、どんな場面で使うと良い?

goは、メインの人から離れていくイメージ、話している本人から離れる、メインの場所から離れる、去るみたいなイメージ。

「もう、私は行かなければなりません」を英語では

Now I have to go.

で、今いるこの場所から離れなければなりません。のようなイメージになります。

自分がいる場所から、行先問わず立ち去るような感じですね。

他の一例で、物が~の所に行く・置く、収まる、状態になるなどにもgoが使われ

離れて、~のようなところに落ち着くみたいなイメージでも使われます。

これも離れてからどうなるかの先を伝えている感じになります。

go bad「悪くなる、腐る」

つまり、現状の状態から離れて、次の状態に行くみたいなことですね。

最初のコメントをしよう

必須